無料ツアーでの買い物はクーリング・オフできる?

 

激安ツアーのバス事故が大きく報道されました。
料金が手ごろなことから、利用客はほとんどが学生であり、若い命が犠牲になったため、大変痛ましい事故でした。
今回の事故では、旅行会社が料金を抑えるために基準運賃を下回る額でバスを発注していたことが判明しています。激安を実現するために、その裏では危険ギリギリのバス運行がされていたと知り、安さだけで飛びつくことの怖さを思い知った気がします。

激安ツアーのからくり

さて、激安ツアーですが、今回のような事故の危険の他にも潜んでいるワナがあることをご存じでしょうか?
激安ツアーによくあるのが、決められたお店を回るもの。
お店側では一度にたくさんのお客さんを呼び込めるので、利益が期待できますから、それがツアー代に反映されていると思えば、納得です。
数年前から見られるようになったのが、懸賞により無料バスツアーに当選するというケース。
お金を払わずに参加できるなら、どんなコースでもいいかな、なんて思ってしまうもの。
ですが、思わぬ落とし穴があるのです。

無料ツアーで後悔?!

ここ数年増えているのが、高額な商品を勧められて購入してしまうというケース。
宝石や毛皮などが多いようです。
何時間も軟禁状態で、商品を勧められるため、購入してしまうも、後で後悔することが多いようです。
旅行という非日常の中での買い物は、冷静な判断を失いがちです。

クーリング・オフできるの?

この手口は非常に巧妙で、クーリング・オフの対象とならないことも多いので注意が必要です。
まずは、店頭で購入しているという点。
そして、ツアーの工程表にも、お店に立ち寄ることを明記している点。
このような理由から、クーリングオフは難しい場合があります。

ただし、契約書に不備があったり、無理な勧誘が認められる場合もあります。
後悔されている方は、一度ご相談されるとよいと思います。

無料ツアーを楽しむには

全ての無料ツアーにそういったワナがあるわけではないと思いますが、参加する際には十分に気をつけるべきだと思います。

アンケートといって、名前や電話番号を求められることがありますが、安易には書かないこと。
渡された書面などは、よく読みましょう。
乗せられやす人はクレジットカードや高額な現金は持っていかないこと。
服装や、装飾品が高価な人は狙われやすいです。
気取らず、気軽な格好で参加しましょう。

無料なんだから、安く楽しむ!そんな気持ちで楽しんできてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket