要注意!掃除サービスでのトラブルが増加

 

掃除代行サービスを利用したことはありますか?
エアコンや換気扇はプロでなければ細かいところまで手が届きませんし、汚れやすい水回りもプロに頼めばピカピカです。
たまには頼んでみたいと思っている方も多いことでしょう。
高齢化が進んでいることや、女性の社会進出などの影響で、掃除代行サービスの需要は年々増加傾向にあります。
ところが、それに伴い、掃除サービスでのトラブルも増加しているのです。

料金トラブル

掃除サービスの料金体系は会社によって様々です。
どこまでがサービスの範囲なのかが明確でない場合も多く見られます。
見積もりとは違った請求をされるというトラブルは少なくありません。

見積もり時にサービスについて納得いくまで質問しましょう。
複数社から見積もりをとって比較してみるのもよいでしょう。

掃除実施後の破損トラブル

掃除サービス実施後に破損や変色などのトラブルも起きています。
契約時には破損や紛失があった場合の補償についても十分に確認するようにしましょう。

サービス実施時に他の高額なサービスに勧誘

通常より安価なサービスを持ちかけて、サービス実施時に他の高額なサービスを勧めるという手口も増えています。
このような場合、高額なサービスの契約が目的であって、安価なサービスは勧誘のための手段にすぎません。
一度は頼んでみたい…という主婦の心理を狙っています。

格安なサービスの場合は、他の狙いがあるかもと心構えしておきましょう。
乗せられやすい人は要注意です。
業者が室内に入る場合は、断りにくい状況になりがちです。
なるべく家族などにつきそってもらい、一人で対応しないようにしましょう。

クーリング・オフできる?

自宅で掃除サービスの契約をした場合、原則としてクーリング・オフができます。
冷静に考えて、後悔するような場合は、早めにクーリング・オフの手続きを勧めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket