電力自由化詐欺にご注意!

 

電力自由化って?

現在、一般家庭では、東京電力・関西電力などの地域ごとの電力会社からしか電力を買うことができません。
地域ごとに決められた電力会社から決められた料金でしか電気を買うことができないのです。
2016年4月からは電力の小売りが自由化され、消費者が、さまざまな小売業者から選択して買うことができるようになります。
電力供給だけを専門的に行う電力会社だけではないので、他のサービスとのセット割引やポイント付与などによって電気料金を抑えることが期待できます。

電力自由化詐欺?

電気代が今より安くなるなら、是非乗り換えたいと思っている人も多いことでしょう。
電気は生活になくてはならないものですから、電力自由化は消費者の関心も高いと言えます。
そこに付け込んでくるのが、詐欺です!新制度には付き物ですね……
詐欺に付け込まれないためにも、電力自由化とはどんなものなのか、よく知っておきましょう。

追加料金はかかりません

電力会社を変えても、大きな工事は必要ありません。
メーターをスマートメーターという新しいものに交換する場合がありますが、設置料金は無料です。
ですので、機器を買わせるような場合は詐欺といって間違いありません。
その他にも、高額な請求が発生する場合は、怪しいと思ってください。

太陽光発電の詐欺

電力自由化の影響により、太陽光発電の分野に参入してきている業者も多くなっています。
そんな中で詐欺まがいの営業をしてくる業者もでてきますから、注意が必要です。
太陽光発電は、利用できればとても有効なものですから、業者をしっかり選別して導入しましょう。

個人情報の盗み出し

電気料金が安くなるという勧誘は増えてくると予想されます。
そんな中、料金プランを見積もるという理由で、家族構成や電気料金などの個人情報を盗み出すケースもあるようです。
こういった情報を利用して、他の詐欺を仕掛けてくる場合もあります。
むやみに家族構成や生活のサイクルなどを伝えることはとても危険です。

電力販売でもクーリング・オフ導入へ

電力販売契約でもクーリング・オフ制度を導入する方向で検討が進んでいます。
対象となるのは、「訪問販売」と「電話勧誘販売」です。
店頭やインターネットでの契約は対象外となりますので、注意してください。
自由化になるからといって、急いで電力会社を選ばなければいけないということはありません。
じっくりと時間をかけて検討して、不利な契約を結ばないように気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket