インターネット通販トラブルから身を守る!

 

インターネットには様々な危険が潜んでいます。
セキュリティソフトで安全対策しているつもりでも、トラブルは多様化、巧妙化しているため完全には防げません。
利用者がその場で判断できるように知識を持っていることがやはり大切です。
手軽で便利なインターネット通販。
店舗で購入するより安いことも多く、インターネット通販の利用者数は伸び続けています。
ですが、その分「品物が届かない」や「偽物が届いた」などのトラブルも多いのが現状です。
インターネット通販で気を付けたいポイントを押さえておきましょう。

事業者情報をチェック

まずは売り手が見えないのですから、記載されている事業者情報はしっかりと確認しましょう。
書かれている住所が実在するかどうかは最低限確認しておきたいですね。
何かあったときに電話が通じないなんてことがないように、電話番号も使われているものかチェックすると安心でしょう。

価格が異常に安い場合は注意

安さに惹かれて、安易に手を出してしまうと後悔することになりかねません。
価格が異常に安い場合は、偽物が届いたなどのトラブルも多いものです。

配送方法や期間は明記されている?

配送方法やいつごろ届くかなどは通販ではとても重要です。
およそ到着の目安を明記していると安心ですね。

支払い方法は?クレジット払いは?

インターネット通販での支払いはクレジットカードが主流となりつつありますよね。
このクレジット契約をしていない業者、即ち、クレジットカード払いのできないサイトは要注意です。
前払いの銀行振込のみで、口座名が個人名だったりするのは危険度が高いです。

キャンセル、返品条件は必ず確認!

実物を見たらイメージと違ったとかサイズが合わなかったなんてことは通販には付き物です。
キャンセルや返品などについては予め確認しておくことが大切です。

なりすましサイトに注意

最近、正規サイトの商号やデザイン、商品写真等を無断でコピーしたサイト、いわゆるなりすましサイトによる被害が発生しています。
なりすましサイトは、一見、見分けがつかないことがあります。
なりすましサイトにだまされないために、次のことに注意しましょう。

  • 表示URLが、購しているECサイトのURLと一致しているか。
  • サイトだけでなく、注文後のメールにも不自然な日本語表現がないか。
  • 電話番号が表示されている場合は、電話がつながるか

ニセモノに潜むワナ

ニセモノかもしれないと思いながらも、安いなら購入してもよいと思うことがあるかもしれません。
商品に関するトラブルだけでなく、ニセモノを扱うサイトには様々な危険が潜んでいます。
個人情報が流出し、他のトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
ニセモノを扱うサイトにはワナがあることを覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket