スマートフォンを標的にしたワンクリック詐欺が増加

 

ウェブサイトを見ていて、いきなり身に覚えのない高額請求をされるワンクリック詐欺。
インターネットの普及と同時に広く知られるようになってきました。
ここ数年は、スマートフォンユーザを標的にしたワンクリック詐欺が増えています。

スマートフォンユーザを標的にした手口とは?

スマートフォン特有の手口はスマートフォンアプリのダウンロードを利用したものです。
アプリをダウンロードし、起動することで何らかの確認画面が表示され、タップすると、請求画面が表示されるというパターンです。

また、アプリ公開サイトからの削除を逃れるために、ワンクリックではなく、複数回クリックさせるような巧妙なものも出ていますから注意が必要です。

ワンクリック詐欺の対処法は?

請求画面にはあたかも個人情報を握っているかのように、携帯の端末情報やIPアドレスなどが表示されますが、氏名や住所、電話番号といった個人情報が特定されることはありません。
慌てることなく、取り合わないことが大事です。

また、親切に「誤作動の方はこちら」などという案内がある場合があります。
クリックすると自動的に電話がかかる場合がありますので、注意してください。

こちらから電話をかけることで、相手側に電話番号が通知されてしまいます。
相手側はそのようにして、電話番号を入手することが目的なのです。
とにかく、このような請求は取り合わずに無視をするに限ります。
しつこい場合や、脅しをかけてくるような場合は国民生活センターなどに相談するとよいでしょう。

ワンクリック詐欺を未然に防ぐには?

スマートフォンに限ったことではないですが、まず、怪しいサイトにはアクセスしないこと。
メールに記載されたURLや画像、Web広告も危険なことがあります。
安易にタップしてはいけません。

スマートフォンアプリをダウンロードする際は、まず提供元を確認すること。
不明なものは怪しいと疑ってみてください。
そして、利用規約を必ず確認すること。
有料であることを明記していない場合は、明らかに違反です。
中には、有料であることを分かりにくく記載しているケースもありますから注意が必要です。

セキュリティソフトを導入することも、有効です。
信頼性の低いサイトを識別したり、有害なWebサイトへのアクセスを未然にブロックすることができます。
有害サイトは日々、新しいものができていますから、セキュリティソフトは、常に最新のものにアップデートしておくことが重要です。

スマートフォンによる詐欺被害

不当な請求に応じてしまうことで、金銭的な被害にあうことはもちろんですが、
スマートフォンの場合、個人情報の流出も大きな問題となります。
個人情報が流出してしまうと回収するのが非常に困難です。
詐欺業者の間で個人情報が不正に流用されることも考えられます。
目に見えないところで、被害が広がっていきますので、とても怖いことだと思います。

スマートフォン利用の際は、このような危険が潜んでいることを意識していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket