プリペイドカードを利用した詐欺に注意

 

コンビニやスーパーでも広く購入できるようになったプリペイドカード。
ギフトとして利用できることから需要も伸びているようです。
ですが、このプリペイドカードの特性を利用した詐欺が増加しています。

架空請求の新しい手口

身に覚えのない請求が来るという架空請求は以前からありますが、この支払い方法にプリペイドカードを利用するという手口のものが増えています。
サーバ管理型と呼ばれるプリペイドカードは、カードに記載されている番号を入手するだけで、利用可能となってしまうのです。
ですので、プリペイドカードの購入を指示し、その番号を伝えるように要求してきます。
カードの写真を撮影して送るようにとの指示を出すこともあるようです。

なぜプリペイドカード?

オレオレ詐欺への対策として、高額の振込みができなくなっているなど、世の中は振込みには慎重になっています。
そんなことから、プリペイドカードを利用する詐欺が横行していると考えられます。

いずれにせよ、プリペイドカードの番号はお金と同等のものですので、取り扱いは慎重に行う必要があるということを覚えておきましょう。
番号を教えてしまうということは、お金を振り込むことと同じです。
後で騙されたと気づいても、番号を伝えてしまったあとでは、被害回復は非常に困難です。

被害に遭わないために

まずは、架空請求への対応としての基本は無視すること。
身に覚えのない請求には返信や連絡をしてはいけません。
万が一、プリペイドカードの番号を伝えてしまった場合は、なるべく早くカードの発行会社に連絡しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket