未成年者をターゲットにしたインターネット詐欺にご注意!

 

インターネット詐欺とは?

インターネットを利用して行われる詐欺行為全般を言います。
ネットショッピングで代金を先払いしたのに、商品が届かない場合や、買い取りを依頼して商品を送ったのに、代金が振り込まれない場合などは詐欺行為に当たります。
また、他のサイトを装い、個人情報を盗み取る「フィッシング詐欺」や同意していない有料会員登録の代金を請求する「ワンクリック詐欺」もインターネット特有の詐欺行為です。

このような詐欺行為はコンピュータウイルスを使わなくてもできてしまうため、一般的なセキュリティー対策ソフトでは防ぐことができません。

未成年をターゲットにした詐欺サイト

詐欺や悪徳商法の知識が少ない中高生をターゲットにした詐欺サイトは昨年から急増しています。
特にこの時期は、お年玉をもらい、未成年の購買率が高くなるため、中高生に人気のあるものをターゲットにした詐欺サイトの増加がみられています。
中高生は使える金額が限られますから、なるべく安く買いたいと思います。
ですから、より安く商品を提供することで未成年を誘惑します。
先月からはスポーツ用品販売に特化した詐欺サイトが増えているようです。
サッカーや野球用品販売の他、剣道用具の販売サイトにも詐欺サイトが見つかっているようです。

中高生にも詐欺の知識を

セキュリティー対策ソフトで防げないものは、騙されないように気をつけるしかありません。
中高生でも自由にインターネットを使えてしまいますが、その反面、詐欺の知識に乏しいということにつけこまれてしまします。
安いからとすぐに飛びつくのは危険です。
まずは、欲しい商品の相場を知り、極端に安く提供している場合は注意が必要です。

せっかくのお年玉をだまし取られては悲劇ですから、インターネットのお買い物には危険が付き物であることを頭に入れておきましょう。
保護者の方もぜひ、そういったことを教えてあげて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket