クーリング・オフは、どんなときにできますか?

クーリングオフの回答
クーリング・オフは、注文した商品とは異うとか、思っていたのと違う、電話等で強引な勧誘を受けて契約してしまったとか、継続的な取引で相手方企業との間に信頼関係がなくなった、役務を提供しなくなった、代金の支払いをしたが、商品が届かなかった、販売代理店から商品を購入したが商品が届かないといった場合に契約解除ができます。
もう少し具体的には、
   ①通販で購入した商品が届いたが、商品を受け取ってみると、思っていたのと違ったので返品したくなった場合。
   ②自分が注文した商品とは異なる商品が届いた場合。
   ③相手方からの電話等により強引な勧誘を受け、契約を結んでしまった場合。
④継続的な取引において、その相手方企業との間に信頼関係がなくなった場合。
  ⑤役務(サービス)を提供する側が、その役務を提供しなくなった場合。
   ⑥代金の支払いをしたが、商品が届かなかった場合。
   ⑦販売代理店・代理人商品を購入したが、その商品が届かない場合。

自分でやろうとするのは失敗のリスクと隣り合わせの労力の無駄で
時間ばかりが過ぎて、いつまで経っても『契約解除』はできません!

クーリングオフ代行お申込み
ぜひ新日本総合事務所のクーリングオフ代行サービスをご利用ください!