強引に契約をさせられた場合もクーリング・オフ制度を利用できますか?

クーリングオフの回答
クーリング・オフ制度が利用できる場合もありますが、状況によって民法96条1項の強迫条項をもとに契約の取り消しを主張することができます。この民法第96条1項で契約取消を主張する場合は、クーリング・オフ代行ではなく内容証明の作成および発送を代行することになります。

―民法96条1項の効果って何ですか?
この場合も、クーリング・オフと同様に、契約《取り消し》の効果があります。契約時点に遡って契約が無かったことになります。
法律で定められているクーリング・オフ期間と異なり、この主張の時効期間が長いのです。
ちなみに時効期間は、追認すなわち強迫を受けた者がその状況を脱した時点から5年です。気をつけないと行けない点があります。取り消しを行う権利を行使しない場合は、その権利が時効によって消滅してしまいます。
クーリング・オフか強迫によるものか、迷う場合は専門家に相談することをお勧めいたします。

自分でやろうとするのは失敗のリスクと隣り合わせの労力の無駄で
時間ばかりが過ぎて、いつまで経っても『契約解除』はできません!

クーリングオフ代行お申込み
ぜひ新日本総合事務所のクーリングオフ代行サービスをご利用ください!