未成年者がクーリング・オフ制度を利用するにあたっての注意点を教えてください。

クーリングオフの回答
未成年者であっても買い物やクーリング・オフの申し出ができることは、A6の通りです。買い物をし、クーリング・オフ制度を利用することは、立派な法律行為です。
未成年者においても簡単に行うことができますが、法律に違反をすると刑罰を科せられるので、慎重に行いましょう。

自分でやろうとするのは失敗のリスクと隣り合わせの労力の無駄で
時間ばかりが過ぎて、いつまで経っても『契約解除』はできません!

クーリングオフ代行お申込み
ぜひ新日本総合事務所のクーリングオフ代行サービスをご利用ください!