業者がクーリングオフを認めない場合はどうなるのでしょうか?

クーリングオフの回答
「この契約はクーリングオフができない」などといい加減なことを言う業者もあるのが事実です。法律的には業者の同意がなくてもクーリングオフの手続きを行えばクーリングオフは成立します。
通知書を送ることで契約は解除され、支払ったお金は返金されます。解約料などを支払う必要もありません。
商品を引き取ってもらう費用や工事をしたところを元に戻す費用も業者の負担になります。
まずは不備のない通知書を送ることが重要です。

自分でやろうとするのは失敗のリスクと隣り合わせの労力の無駄で
時間ばかりが過ぎて、いつまで経っても『契約解除』はできません!

クーリングオフ代行お申込み
ぜひ新日本総合事務所のクーリングオフ代行サービスをご利用ください!