訪問販売で販売業者は契約することを勧誘することを明らかにしなかった場合、クーリング・オフできますか?

クーリングオフの回答
勧誘の内容を知らなかったということが、後々、冷静になって考えた際、契約したか契約しなかったかのポイントになりますので、場合によってはクーリング・オフすることができると考えられます。
特定商取引法第3条では「売買契約又は役務提供契約の締結について」は、勧誘していることを明示しなければならないことが記載されています。

―この場合の『勧誘の明示』って何ですか?
『勧誘の明示』において、
一番大事なことは、どのような商品や役務を提供するかを明示しなければなりません。
最終的に特定の売買契約をしてくださいと誘引していることを明らかにすることです。
売買契約をさせるつもりであるにもかかわらず、契約のことを黙って、別の商品の説明をし、購入するつもりのない契約をさせることは、勧誘していることを明示していない行為になります。

自分でやろうとするのは失敗のリスクと隣り合わせの労力の無駄で
時間ばかりが過ぎて、いつまで経っても『契約解除』はできません!

クーリングオフ代行お申込み
ぜひ新日本総合事務所のクーリングオフ代行サービスをご利用ください!